新しい環境、新しい生活

私の妹が仕事の転勤が決まり、引っ越しをすることになりました。

妹は生まれてからずっと、大学時代も含めて地元で生活しているので、実家から離れて生活したことがなくちょっと不安な様子。

もともととっても寂しがりやなので、友達も家族もいない土地で上手くやっていけるのか心配みたい。

私も大好きな妹が遠くに引っ越しをしてしまうことが寂しいのですが…今回の異動は昇進を伴う異動。仕事大好きな妹が、さらに活躍する機会だと思うので精一杯応援したいと思っています。

それに、遠くと言っても日本から離れるわけではないので、会いたいな~と思ったらすぐにでも会いに行ける!日本は小さい!と自分自身に言い聞かせています。

頑張れ、妹~ヾ(≧▽≦)ノ

ということで、この引っ越しを機会に家の中にある不用品を処分することにしたみたいなんです。

昔から妹は、モノを捨てるということが苦手で、もう使うことができない壊れたラジカセやブラウン管テレビ、ビデオデッキなんかを「思い出があるから…」と言って部屋の中にずっと置いているんです。

だから狭い妹の部屋は、モノであふれかえっている状態…(-_-)

今まで何度となく「要らないものは処分しないと…」と私や両親に言われていたのですが、「うん…そのうち処分するよ」と、決断できずにいたんですよね。

で、今回この引っ越しで実家を出ることが決まり、さすがに本人も要らないものを処分する気になった…という感じです。

モノを捨てるぞ!と決めてから、家族もビックリするくらい行動が早くて…部屋の中にあるものすべてを、要るものと要らないものに分け始めました。

妹が残すと決めたものは、基本的にお金を出して買うことができない「思い出の品」。例えば、写真とか子供の頃に描いた絵とか、ずっとそばに置いていたぬいぐるみなど。

反対に捨てると決めたものは、使わないモノ&引っ越し先でもお金を出せば手に入れることができるもの。具体的には、壊れたラジカセ、ビデオデッキ、テレビ、古いデジタルカメラ、もう何年も着ていない服などなど…

あと、小学校の頃から使っているベッドマットや本棚も捨てることにしたみたいです。

断捨離ってやり始めると止まらなくなると以前聞いたことがありますが、妹は今まさにそんな感じ!

ひとり暮らしの狭い部屋に運び入れることができるものは限られているので、今周りにある不要なものは処分して、心機一転新しい場所で頑張る!と言っています。

で、大体要るものと要らないものに区別できて…今、回収をしてもらう業者を探しているみたいなんです。

最初は自治体に回収してもらおうと思っていたみたいなんですが、自治体は自宅まで不用品を回収には来てくれないんです。

まずは、回収を担当している担当部署に連絡をして、回収日を予約し、回収に必要な料金分のシールを購入。このシールはどこでも販売しているわけではなくて、近所でシールを扱っているお店を自分で探さないといけない…というのもちょっとメンドウ(-_-;)

で、その料金分のシールを貼って、指定された日時に指定された場所に自分で運ばないといけないんです。

これが、かなり大変ですよね?本棚とかベッドマットはスゴク大きくて重いから、腰とか痛めてしまいそうだし…

なので、少し料金がかかってしまっても、自宅まで不用品を回収に来てくれる回収業者を利用することにしたみたいです。

実家の近くにはたくさんの回収業者があるので、どの業者に依頼しようか迷ってしまったみたいですが、とっても参考になるサイトを見つけたみたい!(不用品回収 神戸

これから引っ越しをする!という方や、家に不用品で溜まって手狭になっているから断捨離したい!という方にも参考になるサイトだと思うので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。

これから、転勤や引っ越しが増える季節!新しい環境で新しい気持ちでいいスタートが切れるとイイですね★

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です